「挑戦する靴屋」の、挑戦。


"NATURE JOY"

「挑戦する靴屋」が挑む、サステナブルシューズ。

NEWS

Our "CHALLENGE"

株式会社ローウェルジャパンは、数十年にわたりシューズ業界で多くの大手ブランドのOEMを手がけ、日本やアジアを拠点に世界でビジネスを展開してきました。日本中、世界中の靴を見て回るなかで、いつもひとつの疑問が頭の中にありました。「どうして靴はこんなに制約が多いのだろう」と。靴はもっと自由になれるはず。足はもっと自由になれるはず。その思いを胸に、今あらたな挑戦を始めます。2017年、シープスキンという普通は靴には使わない素材を採用することで、驚きの軽さと柔らかさを実現したのはレザースニーカー「FITJOY」。そして2022年、その次に見据えるのは、サステナブルシューズ「NATURE JOY(ネイチャージョイ)」への挑戦です。日本のシューズメーカーでは、ほぼ未踏の領域。サステナブルシューズの開発は、環境への負荷が大きいシューズ業界が果たすべき責任のひとつであると考えています。

Why "NATURE JOY" ?


何故「NATURE JOY」なのか ?


ローウェルジャパンは創業以来、長年にわたり大手ブランドのOEMを手がけてきました。その経験で培った技術力とノウハウを武器に、新しい靴の可能性を開くべく立ち上げた自社ブランドがソフトシープスキンを使った超軽量シューズ「FITJOY」です。そして今我々は「FITJOY」でも到達出来ていない、サステナブルシューズの領域に踏み出します。「サステナブル×靴」、この掛け算に全力で挑戦するのが「NATURE JOY(ネイチャージョイ)」です。

Policy of "NATURE JOY"


「NATURE JOY」2つのポリシー


1.快適でなければ靴じゃない!

履いて楽しくなる靴はやっぱり最高に履きやすい靴!超軽量で超ソフトのシープスキンスニーカー「FITJOY」を誕生させた私たちだからこそ、「NATURE JOY(ネイチャージョイ)」でも軽さと履きやすさは絶対にゆずれないポイントです。

2.楽しくなければ意味がない!

サステナブルって何かを我慢することじゃない!サステナブルでもやっぱり明るくカラフルな楽しい靴を作りたい!楽しいからこそ次も「NATURE JOY(ネイチャージョイ)」を履きたくなる。そのサイクルを生む事こそが本当のサステナブルシューズの役割だと信じています。

Material of "NATURE JOY"


NATURE JOY を作る素材たち


1.再生羊毛(リサイクルウール)
ウール部分には毛七の再生羊毛を使用しています。
尾州産地で古くより行われてきた羊毛再生文化 "毛七"
昨今の持続可能性が叫ばれる遥か以前より始まり、現代まで連綿と続いています。その歴史は、第二次世界大戦後の焼け野原となった日本。食べる物も着る物も無いこの国では、着古したボロ布一枚でも貴重な財産でした。とりわけウールは自給自足が出来ない、より一層貴重なもの。今ある資源を無駄にせず、再生させるという発想は必然でした。そうして生まれた毛七。生きる為の術であった毛七は、この国で自発的に生まれ、発展しました。この文化と歴史に敬意を表す意味で、リサイクルウールという言葉よりも、再生羊毛という言葉を使用しています。
出典:毛七
2.オーガニックコットン
一般的なコットンは環境負荷が非常に高いことが知られています。なんと一枚のTシャツに必要なコットンの生産に使用される水の量は、2,700リットル。ただオーガーニックコットンの育成に必要な水の量は従来のコットンに比べて91%少なく、また温室効果ガスの排出量も46%少ないとの試算があります。これらの数値についてはいまだ多くの議論がありますが、オーガニックコットンが従来の化学肥料と機械化農業により生産されるコットンに比べ、はるかにサステナブルな素材であることは間違いありません。
3.再生ポリエステル

靴の裏材には再生ポリエステルを使用しています。ポリエステルは再生性の高い素材です。原材料はフィルム屑は繊維屑などから作られます。一度、他の商品になったプラスチック製品を再生することで、石油資源の使用を抑制し、ゴミの発生の減少にも貢献することができます。

4.エコテックス®スタンダード100

靴のスエード部分には、エコテックス®スタンダード100 class1 認証の素材「AtessaNEO(Kyowa LIFE TECHNO)」を使っています。この素材は最も厳しい規制値基準class1(36ヶ月までの乳幼児、幼児期に触れる繊維製品)を取得しています。

5.再生アウトソール

ミッドソール(EVA)、アウトソール(ラバー)ともに一定割合の回収原料を使用しています。靴のパーツの中でも石油由来材料が多い底部分について環境負荷の削減を目指します。

3.再生ポリエステル

靴の裏材には再生ポリエステルを使用しています。ポリエステルは再生性の高い素材です。原材料はフィルム屑は繊維屑などから作られます。一度、他の商品になったプラスチック製品を再生することで、石油資源の使用を抑制し、ゴミの発生の減少にも貢献することができます。

Instagram

これは編集画面用のサンプルです。

「プレビュー」から実際の見た目をご確認ください。

COMPANY

会社名 株式会社ローウェルジャパン
https://lowell.co.jp/
代表者 代表取締役 徳原将貴
設立年月 1995年8月
所在地
【本社】
〒651-0092
神戸市中央区生田町1-4-24 ヨシオカビル8F
TEL:078-273-0391
FAX:078-271-9333

【厚木デポ】
〒243-0806
神奈川県厚木市下依知2-8-8

【海外事務所】
中国 広東省東莞市、カンボジア プノンペン
所在地
【本社】
〒651-0092
神戸市中央区生田町1-4-24 ヨシオカビル8F
TEL:078-273-0391
FAX:078-271-9333

【厚木デポ】
〒243-0806
神奈川県厚木市下依知2-8-8

【海外事務所】
中国 広東省東莞市、カンボジア プノンペン

CONTACT

NATURE JOYについてのお問合せは、下記のフォームよりお願い致します。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
プライバシーポリシーにご同意の上、送信して下さい。